アロマテラピーの世界へようこそ。心地よい香りに包まれて、心と身体を癒してあげましょう。

アロマ Essence  > アロマテラピーとは

 アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、絶え間なく変化し続ける環境への適応や対人関係から来るストレスなどによって、心や身体に起きるトラブルに穏やかに対処し、健康増進と美容に役立てていく自然療法です。
アロマテラピーによって、リラクゼーション、ストレスケア、疲労回復への効果も期待できます。

生活の中にアロマテラピーを上手に取り入れて、自然の香りに親しみ、愉しみながら心と身体のバランスを取りもどしていきましょう。
 アロマテラピーの始まり
1928年フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセがエッセンシャルオイル(精油)を用いた療法を、アロマテラピーと命名してそれが広まりました。
それ以来、ヨーロッパではフランスを中心に、アロマテラピーを医療面で活用する研究が行われてきました。又、イギリスでは主に美容やリラクゼーション、補助療法として、アロマテラピーが取り入れられて、評価を得てきました。
このようにアロマテラピーは、それぞれの環境の中で評価され、現在も各機関で研究が行われています。
 アロマテラピーってどんなもの?
アロマテラピーは、(社)日本アロマ環境協会のホームページによると、このように定義されています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティック(※)な観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。

1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる
2. 美と健康を増進する
3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
4. 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す
※ ホリスティックとは、 「全体」「つながり」「バランス」 といった意味を含みます。

いい香りを嗅いで、なんだかいい気分になったり、逆に嫌いな香りで不快になることってありますよね。香りというのは私たちの気分や身体にも何らかの作用を及ぼしています。

アロマテラピーでは植物の香りを愉しむことにより、心と身体のバランスを整えます。
その他にも、精油(エッセンシャルオイル)の成分により不調に感じる部分を緩和させたりします。
そして、アロマテラピーで使われる精油(エッセンシャルオイル)には、普通の香りにはない良い薬理作用があります。上手に香りを生活に取り入れたいですね。
 アロマテラピーについて
精油(エッセンシャルオイル)とは /  アロマテラピーを楽しんでみよう /  安全に楽しもう /  アロマテラピーの検定・資格

Copyright (C) 2006 アロマ Essence , All rights reserved.